ビジネスマンにとって欠かせない道具を覚えてバリバリ仕事をこなす

今後について

メディアコピーの今後についての予測

 思い出や記念を残すためにビデオカメラを使っている人は多いでしょう。しかし現在の技術の進歩は著しく、記録保存に使われる規格が次々に変わっています。VHSやカセットテープなど現在では観賞することが難しくなっています。メディアコピーはそんな様々な規格で保存された記録媒体をDVDやブルーレイに変換してくれるサービスです。 現在主流のビデオカメラはハードディスクのデータで記録されています。そしてビデオカメラを家庭のモニターに繋いで観賞している人が大勢いるでしょう。こなように一々ビデオカメラをモニターに繋ぐのは面倒です。しかしメディアコピーサービスを利用すれば、DVDやブルーレイに変換して保存ができます。 記録保存媒体の種類が多種になるほどメディアコピーサービスの需要は増えるでしょう。

利用上で注意すること

 自分が所持する記録媒体を他の記録媒体に変換できるメディアコピーサービスを気軽に利用できるようになりましたが、注意しなければならないこともあります。それは著作権・肖像権についてです。著作権のある著作物を著作権者の許可なく無断で利用すれば、著作権侵害となります。テレビで放送された番組の複製などです。著作権侵害は犯罪であり罰則が制定されています。10年以下の懲役、又は1000万円以下の罰金が定められています。ただし、許可なく使える場合には無断で利用しても著作権侵害にはなりません。 記録媒体の保存状態によっては変換できない場合があることも留意しましょう。また、サービス利用中の輸送で媒体が破損しないようにしっかりとした梱包が必要です。

Copyright© 2015 ビジネスマンにとって欠かせない道具を覚えてバリバリ仕事をこなすAll Rights Reserved.